大和の光石について|株式会社大和|大和の光石の採取・加工・製造・販売

株式会社大和は「大和光石改め大和光輪石」の採取・加工・製造・販売をしています。

大和光輪石

大和光輪石(大和の光石)とは

現地の鉱業権取得 採石業登録(234号)受理

【大和光輪石(大和の光石)】は、ミネラルの含有数量が多くかつバランスが良く、テラヘルツエネルギーを 強力に放射しているため、生体の細胞を活性化や活水、鮮度保持等多くの分野で応用が可能と言われ注目を集めています。 地球上に生命体が誕生する遥か昔から存在していたものです。

【大和光輪石(大和の光石)】は、別名【産土(うぶすな)】とも言い、自分の生まれた土地、つまり自分の原点<魂の故郷>のことを指し、 一人一人の故郷の大自然の汚染を除去したり、農畜産物を豊かにしてくれることや、健康体で美味しいものにしてくれること等から、 大自然に内在し、郷土そのものに充満する神霊で、自分を守護するといわれている大神(オオガミサマ)を敬っていただいた名前です。

注:【大和光輪石(大和の光石)】を使用した施設には当社が発行した【鉱石産地証明書】が掲示されています。
                

【大和光輪石(大和の光石)】の期待される12の作用


大和光輪石(大和の光石)

①鮮度保持作用
②活水作用
③熟成作用
④細胞賦活作用
⑤脱臭作用
⑥リラックス作用
⑦弱毒化・無毒化作用
⑧抗酸化・還元作用
⑨ホルミシス作用
⑩相乗作用(コラボレーション作用)
⑪省エネルギー作用
⑫急性放射線障害の抑制作用

【大和光輪石(大和の光石)】の放射しているエネルギーはテラヘルツエネルギーです。 テラヘルツエネルギーとは、10の12乗の周波数を持つエネルギーのことで別名【調和の波長】とも呼ばれています。 例えば、私たちが病気などになるのは【体内の波長が乱れるから。】と言われます。現代人をはじめ、地球上の多くの動植物や それらを育んできた地球までもが波長に変調をきたしています。 大型台風の来襲・局地的なゲリラ豪雨、はたまたエイズやサーズ等、今までに存在しなかった疾病の発生等は、まさに波長の変調そのものです。 【大和光輪石(大和の光石)】は、この乱れた波長を元の調和ある波長に整える力を持っていると、各方面から大いに期待されています。 テラヘルツエネルギー(=テラヘルツ波長)は、遠赤外線とほぼ同域の波長ですが、遠赤外線と根本的に違うのは遠赤外線が反射波長(一部育成波長は吸収波長)であるのに対し、 テラヘルツ波長は緩やかな透過波長であるという点です。 一般に、物質を透過する波長は、細胞を透過する際、放射線等のように細胞(核や遺伝子)を傷つけてしまいますが、テラヘルツ波長は、 波長が長いため細胞を傷つけないばかりか、逆に細胞の歪み(乱れ)を調和させ、活性化させる働きがあるのです。