飼料【大和光輪石】について|株式会社大和|大和の光石の採取・加工・製造・販売

株式会社大和は「大和光石改め大和光輪石」の採取・加工・製造・販売をしています。

Information

»ホームに戻る

2019年10月17日 飼料【大和光輪石】について

【大和光輪石】は土壌改良・飼料・建築資材・その他いろいろな分野において活用していますが、今日は「飼料」について説明いたします。
飼料【大和光輪石】は細かいパウダー状です。20㎏が1梱包となっていますが、この1袋(20㎏)を10,000㎏の飼料に混ぜて牛・豚・鶏・魚等に与えます。
つまり、今皆さん方が今まで与えておられた飼料に、僅か500分の1の量(0.2%)を混ぜるだけです。他にすることはありませんので、ほんの僅かの手間を加えるだけで今までの飼料とは全く違った効果が現れて来ます。
早い方は1週間もしないうちに変化に気付かれた例もございます。
それではどのような変化があるのでしょうか? 下記に箇条書きをしました。
  *成長が早い・・・給餌率が良い、餌の食い付きが良い。
  *罹病率が低くなり、奇形なども少なくなる・・・生存率が良い、生体が強くなる。
  *脂肪分が少なく蛋白質の多い生体になる・・・脂肪が小さく舌触りが良いので甘味を感じる。
  *飼料臭や家畜臭、鶏臭が抑えられ、鶏舎、豚舎の臭いも弱くなる。
  *安全で美味しいものになる。
  *解体後の鮮度が長持ちする。
  *体毛の毛艶が良い・・・魚形が天然のものに近くなる(泳ぎが早くなります。)。
  *残った飼料が腐敗しにくい。
  *添加量が少なくて効果がある。…・添加量0.2%(500分の1)と微量です。他社の飼料添加剤で0.2%では効果がないと言っているところもあります。
  *抗生物質が早く消滅する。最初から抗生物質を与えなくとも良くなる。
  *魚体からダイオキシン類・砒素・カドミウム等の毒素が排出・減少する。
  *重金属類が減少する。ただし鉛と水銀は減少速度が遅く期間が長期になる。
  *その他の効果
また、排泄物の臭いや畜舎・豚舎・鶏舎等の臭いも弱くなります。その上、排泄物を肥料(堆肥)にした場合、土壌改良剤【大和光輪石】を散布したと同じような働きをするなど有機肥料としても活用できます。
弊社はこの堆肥を使って【大和農法】としています。
餌の食い付きが悪く餌が残ってしまう魚類や水中生物(例示:すっぽん等)の場合、餌が養殖池の底部に残って腐敗しますが、その腐敗を抑える働きがあります。

結論から申し上げますと、弊社が常々望んでいる安心して・安全なものを・美味しく食べられる活きた食品になっているのです。
養殖魚は天然のものより美味しくないと決めつけておられる方々が大部分ですが、弊社はヒトが手を掛けて生産している魚だから、
その手を掛けた分美味しいのが当たり前と思っていますし、実際天然物より美味しい養殖魚の生産に成功しています。