【大和農法】について|株式会社大和|大和の光石の採取・加工・製造・販売

株式会社大和は「大和光石改め大和光輪石」の採取・加工・製造・販売をしています。

Information

»ホームに戻る

2019年10月14日 【大和農法】について


弊社は、先に農業分野へ貢献したいとのことから有機無農薬栽培が可能になりましたと申し上げました。
同有機・無農薬栽培の農法を、弊社は【大和農法】と名付けましたので、以下【大和農法】についてご説明します。
【大和農法】では病気にかかったり害虫が取り付くというような被害はほとんどありませんが、全くない訳ではありません。そのような場合、やむなく農薬を使用する場合があります。しかし、その時使用した農薬は、その後完全に消滅してしまいますので、残留農薬は完全に「ゼロ」になります。(前述のとおり重金属やPCDDs、PCDFs等々も消滅しています。)
有機栽培と申し上げましたが、弊社で牛糞や豚糞あるいは鶏糞・食品残渣物(食べ残し品)等を完全な有機肥料を作っていますが、同製造方法を【大和農法】を行おうとする方々には伝授しますので、各自で有機肥料を作っていただきます。
その肥料を1,000m2当たり約40㎏を与えます。同時に土壌改良剤【大和光輪石】も均一に散布します。そうしますと、別途に今迄与えていた化学肥料は一切与える必要性はなくなります。
要は、今まで皆さんが行っていたそれぞれの農法に、弊社が指導する農法(前述の有機肥料と土壌改良剤【大和光輪石】を与えるだけ……。)をほんの少し加えるだけの【大和農法】で出来た作物は、今までと違った残留農薬ゼロの有機栽培ができるのです。殆んど手間が掛からず今までの農法より楽になるのではないかと思っているところです・・・・。
収穫できた作物は、
   収穫量が多い。(早い時期から遅くの時期まで収穫できる。)残留農薬がゼロである。色合いが良い。味が良い。土中の水質を物理的に変えて土壌を改良する。連
作障害を抑制し、優れた発根作用で活着と根張りを促進する。土壌の根圏微生物群の増殖を活発にし、健全な生育環境に改良する。耐寒力・耐暑力が増し、生育の   促進と果実の肥大、増糖、品質向上、鮮度保持に効果がある。土壌の団粒形成を促進し、透水性、通気性、保水性、嫌地性が向上する。
   病害虫に対して耐性が増す。特に薬剤の効果がないと言われてきたカミキリムシを退治できるようになりました。
等々の効果があります。
特にカミキリムシを退治できたことは多くの農家にとって驚くべきことでしょう。
樹木の中に入っており外から幾ら農薬を掛けてもビクともしないカミキリムシを退治する方法は今までなかったのですが、弊社の土壌改良剤【大和光輪石】を与えると死んでしまうことが明らかになりました。
この理由について色々な角度から検討を加えました。また弊社と取引のある某社がカミキリムシの解剖まで行ってくださいました。
その結果、2つの理由が推定できました。
   その一つは、全てのカミキリムシが解剖の結果全て溺れ死んで(窒息死)いたことから、弊社の土壌改良剤によって樹木の生育が良くなり、カミキリムシの樹木の中   での移動速度より、樹木がカミキリムシを退治しようとして自ら分泌する樹脂の出る勢いの方が早く、結果としてカミキリムシを包み込み窒息させてしまうのでは   ないかと推測しているところです。(通常の樹木では樹脂が出たときには既にカミキリムシは移動してしまっており効果がありません。)
   もう一つの理由は【大和光輪石】は水をエマルジョン化するという作用がありますので、樹木が吸い上げる水と油が混じってしまうのです。
   そうしますとカミキリムシは胸にある気孔の周りにびっしりと髭が生えていて、その髭に油が付着しており水をはじいて空気だけを取り込んで呼吸しているのです   が、髭に付着している油と樹木の水が混じり合うことで気孔の中に入り込み呼吸ができずに窒息死してしまったものと考えられます。
他に考えられる理由が見当たりませんので、この2つの理由によって、今までどのような農薬でも退治できなかったカミキリムシを退治できたものと類推しているところです。
現在世界中でカミキリムシを退治できるのは、弊社の土壌改良剤【大和光輪石】のみです。
これは「大和農法」を取り入れられれば可能になります。
これから【大和農法】を試しにやってみたいと思われた方は是非弊社宛ご連絡ください。
                   ご連絡は 090ー8227-2805 (黒木)又はe-mail:yamatonomikotokai@yahoo.co.jp 宛に!!お願いします。